探偵学校で学ぶストーカー対策

凶悪犯罪にも発展しかねない悪質なストーカーから貴方の身を守るため、様々な調査・対策を行います。

ストーカー犯罪の傾向、被害例を知ることが、対策や証拠収集法の習得に繋がります。

調査事例

今の会社に勤める前のアルバイト先で知り合った男性R(37歳)のストーカー行為に悩まされている女性OL・K美さん(25歳)。二人での食事を何度も誘われていたがうまく断っていた。しかし、やがてしつこくなりK美さんはアルバイトを辞めることに。その後Rの嫌がらせがエスカレート。イタズラ電話、脅迫手紙、車に傷をつけポストを壊す…「どこかから見張られているような気がする」というK美さん。こうして8か月経過した。

Solution解決方法

4人体制でK美さんマンションに張り込み開始。監視・撮影・追跡をしていると、なんとRの車がすぐそばにあるではないか。しかもRの住まいはK美さんの真下の部屋。K美さんの近くに引っ越していたのだ。こんな近くにいようとは…。K美さんに話すと実家に帰った後を追い、後日K美さんの実家のポストに脅迫文書を入れるRをビデオに収めることに成功、警察に強盗未遂で逮捕されることとなった。特に夏の季節は開放的になることから一層ストーカーが増加します。また実際に被害にあっている方は一刻も早い解決をすることをお勧めします。ストーカーの特徴としてはどんどん嫌がらせがエスカレートしていくところにありますので、危険ですから自分の力だけで証拠をつかもうとせず、専門家に相談するようアドバイスをします。